MENU

法人口座のスプレッドにも注目しましょう

オンラインFX業者で口座開設をして取引を行うというのがFX取引では一般的となっています。これは個人口座の場合でも法人口座の場合でも同様です。現在日本国内だけでもかなりの業者が存在しますし、その中でよい業者を選ぶためには様々なポイントについて確認する必要があります。中でもスプレッドの幅については注意が必要です。取引コストとなる大事な要素がスプレッドですからできるだけスプレッドの幅が狭いFX業者を選ぶことが大切です。

 

いくら利益が上がっても経費がかかってはもったいないです。法人口座の場合レバレッジに制限がある個人口座よりも大きなレバレッジをかけて取引を行うことになりますから、結果的にスプレッドの幅が及ぼす影響も大きくなります。法人口座の開設のために業者を選ぶ場合にはスプレッドについてもシビアにチェックする必要があるのです。

 

日本のFX業者はスプレッドが狭いので安心です

法人口座の開設を日本のFX業者の多くが受け入れています。現在は多数の業者が存在していますから各社ともにサービスに力を入れています。ですからトレーダーから選んでもらえるようにと、スプレッドの狭さをアピールポイントにしている業者も増えています。

 

実際に最もポピュラーな通貨ペアの米ドル/日本円の場合だと、ほとんどの日本のFX業者がスプレッドは1銭未満としています。具体的にはDMM FXやGMOクリック証券の場合はスプレッドは0.3銭(原則固定)、ヒロセ通商の場合はスプレッドは0.4銭となっています。法人口座の場合には取引が大きくなりスプレッドの幅の影響も大きいですから、取引でコストを小さくして大きな利益を得るためには事前にスプレッドについて確認しておくことが重要となってきます。この事前の確認作業がのちの利益を大きく左右しますので覚えておいてください。

おすすめFX業者ランキング

GMOクリック証券
充実の投資情報と万全のサポート体制

便利で高性能な取引ツールも豊富

手数料がお得だから取引に集中できる

新規口座開設キャンペーンにも注目

公式サイトへ

ヒロセ通商LION FX
最速0.001秒の約定スピード

100%信託保全だから安心

豊富な通貨ペアは全50種類!

約5分で申込が完了!

公式サイトへ