MENU

株式会社と合同会社ではどちらが有利でしょうか

FXの法人口座を開設するためには法人を設立することが必要ですが、この時の法人には株式会社と合同会社があります。それではFX取引を目的として法人を設立する場合には株式会社と合同会社のどちらが良いのでしょうか。

 

結論としてはどちらでも法人口座の開設には問題ありません。法人設立のために必要な手間やお金については既にご存知だと思いますが、一般的には株式会社よりも合同会社のほうがおよそ15万円程度安く設立することができます。ちなみに株式会社の場合「代表取締役」が代表者です。合同会社の場合は「代表社員」で代表者が複数いることになります。なんとなくですが株式会社の代表のほうが肩書きがかっこいいような気がしますね。

 

しかしFX取引を法人口座ですぐに開始したいということであれば合同会社でも十分です。法人口座を合同会社で開設しているという人も数多くいます。

 

ただし合同会社だと審査に落ちる場合もあります

ただし合同会社だと審査に落ちる場合もあります。合同会社の場合には代表者の数で資本金が分割されてしまいますので株式会社と比べると不利になるためです。一般にFX法人口座の開設のためには資本金が100万円程度必要とされていますが、例えば合同会社の場合資本金が300万円だったとしても代表社員が6人ならば代表社員1人あたりの資本金が50万円と判断されて審査で不適格とされることもあるのです。

 

またFX法人口座を開設するためにはその前にメインバンクとする銀行の口座を開設しなければならないのですが、最近では法人名義での銀行口座開設についても審査が厳しくなっています。とくに主要な事業内容がFX取引というのでは信用が下がって口座開設を断られる場合も出てきますから、合同会社よりも株式会社のほうが多少でも信用の面では有利かもしれません。合同会社でも株式会社でもいずれでもFXの法人口座を開設することは可能ですが、このような理由により株式会社を設立したほうが有利かもしれないということになります。

おすすめFX業者ランキング

GMOクリック証券
充実の投資情報と万全のサポート体制

便利で高性能な取引ツールも豊富

手数料がお得だから取引に集中できる

新規口座開設キャンペーンにも注目

公式サイトへ

ヒロセ通商LION FX
最速0.001秒の約定スピード

100%信託保全だから安心

豊富な通貨ペアは全50種類!

約5分で申込が完了!

公式サイトへ