MENU

法人口座の業者を選ぶときのポイント

FX法人口座の特長

日本国内だけでもFXの法人用口座を用意している業者が多数存在します。FXの個人口座ではご存知の通り規制によってレバレッジの制限が最大25倍までと決められています。ですが法人口座を選べばレバレッジの制限もありませんし税金面でも若干有利となります。

 

リスクについては高レバレッジにより高くなりますが、その分高いリターンも期待できますから現在注目を集めています。FXで法人口座を開設したい場合に業者を選ぶためのポイントについては、個人口座を選ぶ場合と基本的には同じになります。

 

スプレッドについて、最大レバレッジについて、約定力についての3点についてしっかり確認することが大切です。やはり投資目的に合致したサービスを提供する業者や一般に人気の高い業者が良いのではないでしょうか。ここでは法人口座について総合的に比較しておすすめの人気FX業者を紹介したいと思います。

 

法人口座開設におすすめの人気FX業者

GMOクリック証券

最大200倍のレバレッジがかけられるのがGMOクリック証券の法人口座の特徴です。取引ツールが使いやすく業界内トップクラスのスプレッドですからハイリターンを効率的に狙えます。

 

みんなのFX

みんなのFXならば500円程度の少額資金からでも始めることができます。法人口座でも1000通貨から取引ができてレバレッジは400倍です。

 

DMM FX

国内口座数第1位※の安心のFX業者DMM.com証券のDMMFXです。投資では信頼の高い取引ツールが使えますし全20通貨で低スプレッドとなっています。
※2016年2月末時点。ファイナンス・マグネイト社調べ(2016年2月口座数調査報告書)

 

外為ジャパン

各種の手数料が無料で1000通貨と少ない予算から大きな利益が狙えるのが外為ジャパンです。スプレッドは狭くレバレッジは最大300倍となっています。

 

ヒロセ通商

通貨ペアが50種類と豊富で低スプレッドが魅力なのがヒロセ通商が提供するLION FXです。法人口座のレバレッジは最大300倍となっています。

 

外為オンライン

徹底したサポートと情報コンテンツの充実が外為オンラインの特徴です。レバレッジは最大200倍ですが通貨ペアは24と豊富で選択肢が多くなっています。

 

YJFX!

ハイリターンを望む方にとっては法人口座のレバレッジは最大200倍となっていますのでYJFX!は良い業者でしょう。ご存知のとおりヤフーのグループ会社ですから安心です。

 

ひまわり証券

優れたサーバー力で非常に約定率が高いために思ったレートで取引が可能なのがひまわり証券で、自動売買ができるところも魅力的です。法人口座のレバレッジは最大200倍となっています。

 

FXトレード・フィナンシャル

自動売買の「FXFTミラートレーダー」や「高速FX」「FXTF MT4」などのサービスの利用もできるのがFXトレード・ファイナンシャルです。レバレッジは最大200倍となっています。

 

アイネットFX

信託保全も問題なく各種取引手数料も無料なのがアイネットFXです。通貨ペアは28種類から選べてレバレッジも最大200倍となっています。

 

セントラル短資FX

自動売買の「セントラルミラートレーダー」と「FXダイレクトプラス」が利用できるのがセントラル短資FXです。レバレッジは他社の法人口座と比べると小さめの100倍程度となっています。

 

法人口座を開設するメリットは?

FXでは個人口座の場合レバレッジは最大25倍までという規制がありますが、法人口座については今のところ規制は設けられていません。法人口座のほうが個人口座よりもレバレッジが高いですから少ない資金でも効率の良い運用をすることができます。

 

業者により異なりますが法人口座の場合レバレッジは最大400倍程度まで設定できることもあります。個人口座でレバレッジが25倍までに規制されているときに実際に取引を行うとどのようになるのでしょうか。例えば米ドルと日本円のペアで米ドルが100円の時点でレバレッジを最大の25倍に設定した場合には、1万通貨の取引で4万円の資金が必要です。10万通貨の取引ならば40万円の資金が必要となります。

 

預かり高の平均はFX取引の場合20万円から30万円といわれますので40万円は大きな金額となります。ですから10万通貨の取引というのはかなり大きな取引ということになります。一方法人口座でレバレッジが300倍の場合に実際に取引を行うとすると1万通貨の取引で3千円程度、10万通かの取引ならば3万円程度の資金で可能になります。

 

このように少ない金額で大きな利益を狙うことができるというのが法人口座の魅力なのです。

 

法人口座は税制面でも有利になります

法人口座ではレバレッジを高くすることができますから、リスクを伴いますが大きな取引が少ない資金で可能になるということがメリットになります。さらに税制面での優遇もあり損失については最大で9年間まで繰り越せますから、法人口座は個人口座よりも有利となっています。

 

例えば前の年度に500万円の損失が出て今年度は1000万円の利益を出すことができたという場合には、法人口座であれば前年度の損失と今年の利益を相殺することができますから500万円分について節税ができます。

 

さらに取引に必要となった費用は全て必要経費としての計上ができますから税制面で有利です。例えばパソコン本体やソフトウエア、さらに取引の勉強や研究に使った書籍などの購入代金を必要経費として計上することができるのです。このように法人口座では個人口座では認められていないコストの圧縮も可能なのです。

 

おすすめFX業者ランキング

DMM FX
DMMFX DMM.com証券は国内随一の低スプレッド業者!

業界最狭水準のスプレッドが魅力

最短翌日で取引可能なスピード口座開設

お得なキャンペーンを随時開催

公式サイトへ

GMOクリック証券
充実の投資情報と万全のサポート体制

便利で高性能な取引ツールも豊富

手数料がお得だから取引に集中できる

新規口座開設キャンペーンにも注目

公式サイトへ

ヒロセ通商LION FX
最速0.001秒の約定スピード

100%信託保全だから安心

豊富な通貨ペアは全50種類!

約5分で申込が完了!

公式サイトへ